不眠

マインドフルネス

Mindfulness

どんなことにも、

始まりがあって、

終わりがある。

 

われわれは、そのすべてのことを、

どのくらいの「注意力」で、

見つめているだろう。

 

後悔に囚われる。

怒りに翻弄される。

不安に駆られる。

 

それらはすべて、

過去や未来の、

 "uncontrollable"なものへの、

執着からくるのではないだろうか。

 

過去が「今」を作り、

「今」が未来を作る。

 

その単純なことを忘れてしまうと、

"uncontrollable" なものが
自分自身の中で日毎に巨大化していく。

 

「今この瞬間に、
スポットライトをあてる作業」

それが、マインドフルネス。

 

それは、何か特別な力を身につける

ようなことではなく、

囚われている自分自身の心を観察し、

それらを手放す練習をすること。

それ自体がマインドフルネス。

 

 

ヨガと同じ。

完成ポーズを力づくで獲得することではなく、

完成ポーズが持つ意味を理解するために、

日々の実践を続けること。

その実践自体が「ヨガ」であるのです。

どんな時にも、自分の心と身体が、

鏡になっているのです。

 

 

禅には数息観という瞑想法があります。

自分のマインドのふらつきに気付いたら

( ←ここが重要。「気付いたら」)

呼吸をカウントする。

(気付くために、練習するのです!)


ひとーーーーつーーーーー、

ふたーーーーーつーーーーー、

みーーーーーっつーーーーー、

・・・・・・

「ひとーーー」と言っている時と、

「つーーーー」っと言っている時とでは、

もう違う瞬間。

 

「今、ここ」に、生きていますか?

 

ヨガを通してマインドフルネス瞑想を体験されたい方、

お問い合わせください。

0 コメント

新年度スタートしました!

5年間の長い大学院生活も終わり、

新年度が始まって、気付けばすでに4月半ば。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

 ↑ みなさまって、読者がいるのか知りませんが…💧

 

ひたすら地味な5年間でしたが、

この先は、少しずつ自分の思いを形にして、

残していく作業に入りたいな…と思っています。

 

 

ところで、

昨日から大学の教場で、

可愛い学生たちにヨガを教えています。

今まで色々な人にヨガを伝えてきたけれど、

いわゆる普通(アスリートとかではなくて)

の「大学生」に対しての指導ははじめて。

地味なようだけど、実はとてもexciting!!

そしてとってもやりがいを感じます。

 

親元を離れて一人暮らしを始める時期、

これから社会に出て生活するための準備をする時期、

家庭をもつための準備をする時期。

 

それが大学の4年間。

本当の意味での自立準備期間。

 

この時期に、

食べるもの、

飲むもの、

人との関わり、

ものとの関わり、

そして自分との向き合い方

について、

よく考えて丁寧にすることを

身につけられると、

その後の人生がきっととても楽。

(私も大学生でヨガに出会っていたら、

もうちょっとマシな大人になっていたかも〜💦)

 

今はそのお手伝いをするのが、
私のミッションかな、、、。

 

 

ヨガは私たちを自由にしてくれるもの。

 

固定概念にとらわれず、
実践して自分の軸を見つけてほしい。

 

 

不安も心配事も、

怒りも、

ストレスも、

食べものも、

人間関係も、

 

「軛をかけてコントロール(yuj)できる」よう、

 

ヨガを実践して身につけてくれたらいいな、と思っています。

 

 

 

…というような話を、

昨日のガイダンスで話しました。

 

 

なんとヨガの授業は人気で、
倍率8倍超えとか・・・

 

合計110人の可愛い教え子たちと、

私の新年度もスタートしたのでした。

 

 

0 コメント

自分への束縛

「ヨガは何に効くのでしょうか?」

 

こんな質問をされることがあります。

 

いろんな効果が頭に思い浮かぶ中、

一言で、と言われると私はなんと答えるだろう?

 

 

 

「自由になれる」こと

 

 

・・・かなぁ。

 

 

固まった身体をほぐしていくと、

不思議と心の凝りも解消されるのは、

経験した人ならわかるはず。

 

もともとメンタルが安定していて、

朗らかな人は、そのままでOKですが、

そんな人は、少ない。

だから身体からアプローチする。

身体がほぐれて呼吸が整うと、

自律神経系が安定するのは既知の事実。

 

 

マットの上でのたった1時間のヨガの実践は、

実は日常生活に戻った時に一番効果を発揮する。

 

 

”こうじゃなくちゃいけない”という執着でもなく、

”こんなことはできない”という諦めや怠惰や迷いでもなく、

「今、ここ」だけに集中して、行動すること。

 

その実践を継続することによって、

今まで自分が勝手に決めた枠の中で、

窮屈な自分でいたことに気が付くでしょう。

 

 

そう。

ヨガは自分の決めた枠から、

自分自身を自由にすること。

 

『束縛からの解放』

 

 

コレが一番の効果なのではないかな、

と思うのです。

 

 

 

0 コメント

インフルエンザの爪痕

いやはや、数十年ぶり?に罹ったインフルエンザ。
高熱にうなされ、
眠ることすらできなかった数日。

 

今その時の寝不足分を解消するがごとく、

酷い眠気と闘っております。

 

実は今日も、2時間で4本読もう!とプリントした論文、

1本目の2ページ目で撃沈。
床暖房は、人間をダメにしますね。笑

 

 

昨日から、
新たな人生プロジェクトが開始しました。

旧暦の新年、そして水瓶座の新月という

格好のタイミングでその時が来ました。

全身のくすぶっていたいたずら細胞達も

高熱により死滅した気がするし(?)、

心機(身機)一転、

楽しんで前進しようと思います。

 

 

もともと自分が自分でいられなくなるような

人付き合いや仕事をしたくない人間です。

人生は有限です。

私に与えられた時間も有限。

余計なことをする時間は1秒もありません。

 

というわけで、今年は、今まで以上に、

「優先順位」を意識して、

厳選した良い仕事をしていきます。←誓

 

 

とは言っても、

基本は、まず自分が楽しむ!です。

 

楽しくないことはやらないも〜ん。

 

 

断酒12日目突入。

(飲みたいと思うまで飲みません、というだけです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

スポーツクライミング

昨日、末娘とボルダリングジムへ行ってきました。

 

この手の遊びは、小さい頃、朝から晩まで野山を駆け回ったおかげで、

とても得意な私。木登り、塀越え、フェンス越え、川をジャンプし、

階段を何段上からジャンプで降りられるか競い、
電柱や人の家のベランダにまで登ってしまうお転婆娘だったため、

生傷は絶えず、仕事から帰ってきた父にまとわりつくと、

「お前はいつも土臭いな。。。」笑われたものです。

 

コーディネーション力は、

やはり幼い時に培うのが一番です。

うん十年たっても、身体は覚えているのか、

野生の勘なのか、

とにかく、登るのが楽しくて楽しくて、最高でした。

 

2020年、東京五輪・パラリンピックの追加種目にもなった

スポーツクライミング。

これから注目度大ですね。

 

今日は朝から全身筋肉痛。

ヨガとは全く別の筋肉を使っているのか。

筋トレも兼ねて、これからちょこちょこ通うことにします!

 

 

 

 

0 コメント

【近々のグループレッスン情報】

10/31(土)10:00〜11:30 下丸子駅前 Happy Life Yoga

10/31(土)13:30~15:00  ピンクリングエクステンド「乳がんサバイバーヨガ」@月島区民館

11/5(木)10:00〜11:30 下丸子駅前 Happy Life Yoga

11/7(土)10:00〜11:30 ヨガ棒スローストレッチ講座@大久保スポーツプラザ

11/21(土)10:00〜11:30 下丸子駅前 Happy Life Yoga


出張レッスン、パーソナル、セミプライベートレッスンは随時受付中です。

ご希望日の5日前までにお問い合わせください。

0 コメント

ご無沙汰しておりました!

何から書けば良いか見当もつかないほどに、

時間が空いてしまいました。


今日からブログ復帰します。

(と言っても、きっと相変わらずゆるくゆるくですが・・・)


空白だったこの期間にあったことを
思い出してみることにします。

(順不同...)


・博士論文執筆

・2kg太った

・Akiba Cancer Forum 2015

・NPO法人ベアーズヨガ Launch

・末っ子運動会

・末っ子奄美大島遠征

・息子部活引退

・ラグビー日本代表躍進

・ヨガフェスタ Yokohama

・特別支援学校ママヨガ

・髪茶色くした

・病院での医療者向けヨガ

・メンズヨガ

・ハンディキャップヨガサポート

・外苑祭(青山高校文化祭)

・旗持ち当番

・博士論文提出

・顔が老けた


と、論文を書く以外は、

どうしてもやりたいお仕事と、子の行事のみ。

あとは老け込んでいく自分自身に落胆する毎日。




いやはや...博士論文。


7月下旬の段階で、
骨組みさえも危うかった私。

このままでは到底提出までは辿りつけない、、、
緊張感満載の数ヶ月でした。

8月に入って、末っ子が3週間の武者修行に出た後、

ようやく自分の時間ができて、「とにかく書く」を実行する日々。

本当は、修士が終わった段階で、D論は最初の2年間で仕上げようと
心に決めていたのに、、、



ナンテコッタ!!!



全く想定外の情けない状況に、

なんども心が折れそうになりながらも、

なんとかなんとか書き上げました。



3年間、いや、修士の2年も合わせると、5年間。

失ったものもたっくさんあるけれど、

一つのテーマで最後までやり遂げられたのは、

正直に言うと私自身が一番びっくりしてる。


最後まで、とはいっても、

まだこれから予備審査や公開審査があるので、

実はまだ完遂したとはいえないのダ。。。


残しているいくつかの論文を投稿したり、

ディフェンス(公開審査会)の準備をしたりと、


まだまだ気の抜けない日々が続くー。




0 コメント

手放す時間

今日は都内の特別支援学校へ、

小児がんの子どもたちへのヨガ指導について、

2回目の打ち合わせに行ってきた。

 

前回は分校(院内学級)での打ち合わせで、

今回は本校。

 

多種多様の障害を持つ子どもたちが都内の広域から通ってきているその学校。

もともと「小児がんの子どもたち」への介入の話であったが、

校長先生と話す中で、私の心がぶるぶる動いたので、

今日はそのことを書きたいと思う。

 

医療ケアの必要な子ども(人工呼吸器や吸引など)には、

母親の付き添いが必要なため、学校はもちろん、お母さんは24時間、付きっきりであること。

一日のうちまとまって取れる睡眠時間は2時間くらいだということ。

そんなお母さんたちに、

「少し離れてみましょうか」

と校長先生は提案したいのだと

校長先生は、もうすぐ親にとって「魔の夏休み」が始まるという。

これは健常児の親とて、同じ。

長い休みの期間、朝から晩まで一緒で、

給食がないため、3食作って食べさせて・・・となると、

「魔の」とも言いたくなる。

さて障害児の場合。

母親の負担は、想像することすら憚れるほどに、壮絶なんだろうと思う。

休めない、運動できない、は当たり前。

ゆっくりお風呂に入ったり、トイレにも行けないんじゃないだろうかと。

 

フィットネスクラブ勤務時代に、

ダウン症のシゲちゃん親子を受け入れた経験が、脳裏をよぎる。

あの時もスタートは夏休みだった。

お母さんに、”手放す時間” が必要だったんじゃないかと。

その時は、シゲちゃんが飽きないように、

シゲちゃんが楽しくトレーニングできるように、

と、そればかり考えていたが、

今ならもっとお母さんの話に耳を傾けられるかも、

もっと話を聞きたい、と思う。

 

 

さて、私。

思わず校長先生に、

「そのお母さんたちのヨガクラスを、まずはやりませんか」

と口を衝いて出る。

 

お母さんが、1時間でもいいから、

”手放す時間” を持てたらいいな。

 

 

健常の子どもを育てながら苦悶している、

自分の毎日を振り返り、

どんなに贅沢なことなのかと、

改めて思う。

 

ピンポンダッシュして、

学校で問題になるくらいのイタズラ、

贅沢な悩みか。

どんどんやれ。←いやいや、だめだめ。

 

 

 

 

0 コメント

久々にママヨガパパヨガ

眠れない夜は〜・・・

なかなか人生は楽じゃないですね〜。

一難去ってまた一難。

私はまだまだ修行が足りないのかな〜。


それはいいとして。


土日は久しぶりに子育て世代の皆さんとヨガをしてきました。

私の原点であるこの世代へのヨガレッスン。

皆さんの最初の緊張した表情が、

最後にはすっきり笑顔になるこの感じ、大好き。

この後も、自分のケアを忘れないでね。

9月からの常設で、また会いましょうね〜!

不眠

結構いるんですよね、
生徒さんの中に、

「最近あんまり眠れないんです…」
という方。

というわけで、先週は
睡眠の質を上げるレッスンに
しました。


なんと、今週お会いすると、
前回のヨガの後、
ビックリするほどよく眠れたんです!
と。

嬉しいですね。

でも、
実際のところ、
(物理的に)眠れているかどうか、
というよりも、
「眠れなくても大丈夫、
そんな日もあるさ」
と囚われないマインドを持つことが
大事なのです。

痛みも不安も。

だから最近、
いろーんな臨床場面で、
ヨガやマインドフルネスが
注目されているのでしょう。


とはいえ、やっぱり、「◯◯に効いた!!」
と言われると、嬉しい。

最後のシャバアサナから目覚めて、
ご挨拶後に、
「あー、幸福な時間でした」と、
人生の大先輩のお姉様方に
しみじみと言ってもらえるのは、
私の幸福です。

本日もヨガ日和なり。
不眠

結構いるんですよね、
生徒さんの中に、

「最近あんまり眠れないんです…」
という方。

というわけで、先週は
睡眠の質を上げるレッスンに
しました。


なんと、今週お会いすると、
前回のヨガの後、
ビックリするほどよく眠れたんです!
と。

嬉しいですね。

でも、
実際のところ、
(物理的に)眠れているかどうか、
というよりも、
「眠れなくても大丈夫、
そんな日もあるさ」
と囚われないマインドを持つことが
大事なのです。

痛みも不安も。

だから最近、
いろーんな臨床場面で、
ヨガやマインドフルネスが
注目されているのでしょう。


とはいえ、やっぱり、「◯◯に効いた!!」
と言われると、嬉しい。

最後のシャバアサナから目覚めて、
ご挨拶後に、
「あー、幸福な時間でした」と、
人生の大先輩のお姉様方に
しみじみと言ってもらえるのは、
私の幸福です。

本日もヨガ日和なり。