チャドクガにご用心

小3の末っ子、気が付くと、

胸に小さく赤いポツポツが!!

聞くと痛痒いと。

あれ?水ぼうそう?!
でも赤ちゃんの時にやってるよなぁ。
はしか?風疹?
予防接種してるし、そもそも熱もない。

その日は仕事もあったため、
通常通り、登校させた。
案の定、保健室からのお便りを
持って帰ってきた。
水ぼうそうかもしれないので、
医者に行ってください、と。
確かに全身に大量の発疹。
結構ドキッとするレベル。

でも、1日たった彼女の全身を
見て、あぁ、そういうことか!
確かにそういう時期だよなぁ、と。


過去にも上の子たちが、
やられたことがあるため、
チャドクガの幼虫の仕業だと、
すぐにわかりました。


チャドクガの幼虫、つまり毛虫ちゃん,
の体を覆う無数の毛は、毒があるのです。
そしてそれが皮膚や衣服に着くと、
大変!!

昔、おばあちゃんに、
椿の木の下には入ってはいけない!
と言われていた意味がわかりますね。
この時期の、椿、
サザンカなどの木には、
チャドクガの幼虫が大量にいます。
近づくと危険ですよー。